お問い合わせ

ダークチョコ vs. ココア何が違う?カカオを健康的に楽しむ方法とは?

Man Picking Yellow Cocoa Fruit

この記事は約4分で読めます。
本文は約2387文字です

目次

ココアとダークチョコレートは何が違う?

簡単に言えば、ココアは甘さがなく、主にカカオの風味を提供する粉末で、ダークチョコレートはカカオを主成分とし、砂糖やカカオバターを含み、甘味があります。両者は異なる用途に適しており、料理やお菓子作りの際に使い分けられます。

スクロールできます
特徴ココアダークチョコレート
原材料カカオ豆から作られた粉末カカオ豆、砂糖、カカオバター
カカオ含有率通常100%(純粋なカカオの風味)50%以上から90%以上までさまざま
甘さ通常は甘さがなく、別途甘味料を追加甘さがあり、砂糖が含まれる
用途ホットチョコレート、調味料、お菓子などそのまま食べたり、お菓子作りに使用
主な特徴純粋なカカオの風味を提供カカオの風味と濃厚なチョコレート風味
健康上の利点低カロリーで抗酸化物質を提供高カカオ含有率のものは健康に有益
砂糖や脂肪の含有量通常は砂糖が含まれない砂糖やカカオバターが含まれる場合がある

カカオの健康上の利点

スクロールできます
成分/栄養素効果と健康への影響
ポリフェノールカカオには豊富なポリフェノールが含まれており、これらは抗酸化作用を持っています。抗酸化作用により、体内の酸化ストレスが軽減され、細胞が酸化から保護されます。これにより、様々な慢性疾患の予防に寄与します。
フラボノイドカカオには特にフラボノイドが多く含まれており、これらは心血管の健康を促進し、血圧を正常に保つのに役立ちます。フラボノイドは血管を拡張させ、血流を改善する助けになります。
ミネラルカカオにはマグネシウム、鉄、カリウムなどのミネラルが豊富に含まれています。これらのミネラルは、筋肉の収縮、酸素運搬、体内のバランスを維持するのに不可欠です。
ビタミンカカオにはビタミンB1、B2、B3、B5、B9が含まれており、これらのビタミンは代謝をサポートし、エネルギー生産に寄与します。
血糖コントロールカカオは血糖値の上昇を緩やかにし、インスリン感受性を改善する助けになることが示唆されています。これは糖尿病の予防に寄与します。
脳機能向上カカオに含まれるフラボノイドは、認知機能を向上させる可能性があり、脳の健康をサポートすることが研究で示されています。
抗炎症作用カカオには抗炎症作用があるとされ、炎症性疾患のリスクを軽減する可能性があります。
幸福感カカオにはセロトニンとエンドルフィンの放出を促進する成分が含まれており、これが心地よい感覚や幸福感をもたらすことが知られています。

カカオの栄養価を活かすダークチョコとココアの選び方

カカオを楽しむ方法の一つは、ダークチョコレートとココアを利用することです。しかし、選ぶ際には以下のポイントに注意しましょう。

スクロールできます
項目ココアダークチョコレート
カカオ含有率通常100%(純粋なカカオの風味)50%以上から90%以上までさまざま
砂糖含有量通常は砂糖を含まない含む場合があるが、カカオの割合に応じて変動
カロリー低カロリーカカオの割合によりカロリーが異なる
抗酸化物質あり(ポリフェノール)あり(特に高カカオ含有率のものに多い)
心血管の健康促進抗酸化作用
フラボノイドによる血圧正常化
高カカオ含有率で血圧正常化
心血管健康支援
血糖コントロールあり(血糖値の上昇を緩やかにする可能性)カカオ含有率が高いものは血糖コントロールに寄与
ミネラルマグネシウム、鉄、カリウムなどが含まれるカカオの割合によりミネラル含有量が異なる
ビタミンビタミンB1、B2、B3、B5、B9が含まれるカカオの割合によりビタミン含有量が異なる
脳機能向上一部研究で認知機能向上の可能性が示唆一部研究で脳の健康支援の可能性が示唆
幸福感セロトニンとエンドルフィン放出の促進幸福感をもたらす可能性がある
適切な使用法ホットチョコレート
調味料
そのまま食べる
お菓子やデザートの材料

カカオ含有量の表示が無いダークチョコは砂糖が多いので注意

チョコレートはカカオが多いほど原材料費が高くなるので、売価も高くなります。

高級なダークチョコはカカオ含有量の表記が必ずあります。

ダークチョコなのにカカオ含有量の表記がないものは、多くの場合、主成分の一番上に砂糖と書かれているはずです。

それではチョコレートではなく、砂糖を食べているのと同じですから、安いダークチョコは避けた方がよいです。

カカオを健康的に取得するにはココアがベストチョイス

photo of mug with hot choco

ダークチョコレートは砂糖が含まれていることが多いため、糖尿病になるリスクがあります。

その点、ココアは無糖のものを選べば、砂糖の量を自分で調整できますし、カカオ100%です。

ココアに含まれるシュウ酸の影響

シュウ酸は、特にカカオを大量に摂取する場合や、既に尿路結石の傾向がある場合に懸念されます。しかし、通常の範囲でココアを楽しむ場合、シュウ酸の影響はほとんど気にする必要はありません。

シュウ酸の存在

ココアに含まれるシュウ酸の量は、品種や処理方法によって異なります。通常、ココアには一定の量のシュウ酸が含まれています。

健康への影響

シュウ酸は、高濃度で摂取すると、体内でカルシウムと結びついて結晶を形成する可能性があります。これにより、尿路結石の形成リスクが増加することが報告されています。しかし、通常の食事で摂取するシュウ酸の量は、健康に害を及ぼすほど高くありません。

カルシウムの摂取

シュウ酸の影響を軽減するために、カルシウムを摂取することが役立ちます。カルシウムはシュウ酸と結びつきにくく、体内でシュウ酸の吸収を防ぎます。したがって、ココアを摂取する際に、カルシウムを含む食品やサプリメントを併用することが考えられます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ヨーロッパ在住5年目です。辛口の視点で生き残った本物だけを詳細にご紹介しています。

目次