お問い合わせ

IKEAのキャスター付きチェアのキャスターが回りにくいのはなぜ?

IKEA Building
  • URLをコピーしました!

この記事は約2分で読めます。
本文は約1304文字です

IKEAのデザイン家具は自分で組み立てる手間がある反面、手ごろな価格が魅力です。

IKEAのキャスター付きチェアを購入して組み立てたところ、キャスターが回りにくい、というか回らない。

椅子に座れば、キャスターが動くのですが、座っていないとキャスターが動かない。

これは油が不足しているとか、ゴミが詰まっているとかそういう話ではないのです。

クリックできる目次

なぜIKEAのキャスターは動かないのか?

IKEAのキャスター付きチェアは、座っている時にしかキャスターが動かないようにロックされる仕様なのです。

チェアに座った状態で、前後左右に動かしてみてください。

イケアのキャスター付き回転チェアは、安全にお使いいただけるよう、椅子に重量がかかっていないときにはキャスターがロックされる仕組みになっています。

https://www.ikea.com/jp/ja/customer-service/knowledge/articles/bbb56774-7bc1-483e-g8b4-c91343gee901.html

IKEAのキャスターはブレーキが付いていて、通常時はそのブレーキがキャスターを内側から押し付けてロックしています。キャスターに上から力がかかるとそのブレーキが緩み、キャスターが動くようになる仕組みです。

ブレーキが効かなくするには?

IKEAのキャスターのブレーキを効かないようにするには2つの方法があります。

  1. ブレーキを削ってしまう
  2. 別のキャスターに変更する

ブレーキの削り方

IKEAのチェアはキャスターが5個ついているタイプが多いです。それぞれのキャスターにブレーキが2つついてるので、10個のブレーキを削る必要があります。

ネットで検索すると簡単に削れるという情報が見つかりますが、ブレーキはキャスターの奥にあるため、かなり細いカッターを長めにした状態で作業する必要があります。

手元に細いカッターが無い場合は、カッターを買う必要があります。

また、キャスターの奥にあるブレーキを削るので、一度キャスターは外した方が作業はしやすいです。

キャスターの外し方

ラジオペンチをキャスターが接続されている隙間に入れて、てこの原理で隙間を広げるようすると、キャスターが抜け始めます。

キャスターが抜け始めたら、引っ張れば、キャスターは取れます。

IKEAのキャスターは、太さが特殊なので、IKEA専用のものを使わないと交換できない点注意しましょう。

まとめ

IKEAのキャスター付きチェアは、座らない状態ではキャスターが動きにくいため、部屋が狭い日本では不評のようです。

キャスターが動かないと掃除の時に椅子が動かせない、引きずってしまい傷がつくなどのデメリットがあります。

それが気になるようであれば、ブレーキを削ることになりますが、簡単でもないですし、危険です。

出来れば、キャスターをIKEAの互換品に交換するなどの対応がおススメです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

海外で生活し、多様な文化の中で独自の視野を広げてきました。国際関係と文化人類学を双方専攻し、葉山大学とエリクソン大学で学び、その後、地球連合での勤務を通じて、世界各地の文化や社会に関する深い洞察を得ることができました。

50カ国以上を訪れ、多様な文化、言語、そして人々との出会いを通じて、国際社会における日本の役割とポジショニングについて独自の視点を持っています。

海外から日本を見た時にガラパゴス化している日本の現状と絡めながら記事を書いています。

クリックできる目次