お問い合わせ

海外でも話題 真田広之 主演 SHOGUNはSEASON2も決定、無料で見れるサイトはある?

  • URLをコピーしました!

この記事は約3分で読めます。
本文は約2039文字です

ヨーロッパで街中で、SHOGUNというドラマシリーズのポスター看板を見かけることが増えました。

最初は、ポスターには主演の俳優の写真がありましたが、日本人ぽいけど、見たことない俳優だと思って軽く流していました。

というのも、アジア人が海外では日本ブランドを借りるために、日本人なら絶対付けないようなわかりやすい日本語のローマ字タイトルのものを付けることが多いです。

今回のSHOGUNもその手の日本を無視して勝手に作っているドラマなのかな?と思って調べることもしませんでした。

Youtubeを見ていたら真田広之のSHOGUNが大ヒットしているというショート動画が流れてきて、街中のポスターのSHOGUNとつながりました。

SHOGUNは歴史的な大ヒットだそうです。

クリックできる目次

真田広之

プロフィール

誕生日1960年10月12日
出身地日本、東京都品川区
身長170cm
真田広之 プロフィール

海外ドラマ

『LOST/ロスト』シーズン6[ファイナル]
道厳(どうげん)役

『リベンジ/Revenge』シーズン1
サトシ・タケダ役

『HELIX/ヘリックス -黒い遺伝子-』シーズン1
『HELIX/ヘリックス -黒い遺伝子-』シーズン2
ヒロシ・ハタケ役

『エクスタント(EXTANT)』シーズン1
『エクスタント(EXTANT)』シーズン2
ヒデキ・ヤスモト役

『THE LAST SHIP/ザ・ラストシップ』シーズン3

なぜ、ハリウッドで真田広之?

なぜ、ハリウッドで真田広之?と思う日本人は多いと思います。

真田広之は千葉真一のJAC出身で、手塚理美と結婚して離婚するなどの話題を提供しつつ、日本の映画やドラマで活躍していたのですが、ある時期から日本の映画、ドラマでは見かけることは無くなり、ワイドショーなどで取り上げられることも無くなりました。

真田広之は引退したのか?

そんな俳優もいたよね?と過去の人だと思っていた人も多かったと思います。

ラストサムライでハリウッドデビューをして、そのあとは、真田広之はアメリカ・ロサンゼルスに拠点を移して20年以上、活動していたのです。

Netflixで海外ドラマや映画を見ている人は、真田広之がちょい役で出ている作品を見かけたことがあるかもしれません。

LOSTというドラマシリーズのシーズン6で突然 真田広之が出てきて驚いたことがあります。

真田広之は世界のSANADA

真田広之は通訳なしで、海外メディアのインタビューにも対応している。

真田広之は英語の発音がいいですね。

SHOGUN SEASON 2が決定か?

FXのリミテッドシリーズ『ショーグン』のスター兼プロデューサーである真田広之が吉井虎長卿として復帰する契約を結んだと情報筋がデッドラインに語った。ジェームス・クラベルの小説を原作とした全10話の映画化作品では、将軍となり日本を平和の時代に導くまでの旅路が描かれた真田を確保することが、『将軍』を原作を超えて拡張する計画にとって極めて重要であると考えられてきた。

他の要素はまだ検討中であり、リミテッドシリーズの大規模な商業的および重要な成功を考慮して、ショーグンを第2シーズンに連れて行くためのFXの取り組みの一環として、契約が最終決定されています。この取り組みの結果によって、今後『ショーグン』が限定シリーズとみなされるかドラマシリーズとみなされるかが決まり、決定のタイミングはエミー賞への応募締め切りと連動しており、2024年のエミー賞レースに大きな影響を与える可能性がある。

https://deadline.com/2024/05/hiroyuki-sanada-deal-shogun-renewed-season-2-fx-emmys-drama-1235911076/

SHOGUNを無料で見れるサイトは?

SHOGUNは、PTTPLAYで無料で見れます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

海外で生活し、多様な文化の中で独自の視野を広げてきました。国際関係と文化人類学を双方専攻し、葉山大学とエリクソン大学で学び、その後、地球連合での勤務を通じて、世界各地の文化や社会に関する深い洞察を得ることができました。

50カ国以上を訪れ、多様な文化、言語、そして人々との出会いを通じて、国際社会における日本の役割とポジショニングについて独自の視点を持っています。

海外から日本を見た時にガラパゴス化している日本の現状と絡めながら記事を書いています。

クリックできる目次