お問い合わせ

【海外在住者が選ぶ】 海外から日本のサイトが見れるVPNのおススメは?

  • URLをコピーしました!

この記事は約3分で読めます。
本文は約1719文字です

日本のサイトは海外IPからのアクセスを禁止していることが多いです。

海外在住者は、日本のサイトを閲覧するときには日本のVPNサーバー経由することで日本のIPアドレスを偽装し、海外IPのアクセス制限を回避しています。

最近ではプライバシーの問題などで、個人でもVPNを使うことが珍しくなくなり、さまざまなVPNサービスプロバイダが増えてきました。

しかし、VPNの提供会社は海外の企業ばかりで、日本にVPNサーバーがあったとしても、海外在住者が日本のサイトにアクセスする際にどこまで使えるのかわかりません。

最近、Proton VPNのFree版にアップデートがあり、国やサーバーを指定して接続することができなくなりました。

Proton VPNは日本のVPNサーバーを無料で使え、転送量無制限という好条件のサービスでしたが、今回の変更で無料プランでは日本のVPNサーバーに確実につなげることができなくなりました。

Proton VPNでサーバーや国を指定して接続したい場合は、Proton Plusという有料サービスに加入が必要です。

そうなると、海外在住者はProton VPNの有料プランを含めて、有料VPNサービスの加入を検討する必要が出てきます。

クリックできる目次

VPN選びは用途ごとに最適解が異なる

シェアやスペックだけでVPNを選ぶと失敗しやすい

グローバルに見れば、Nord VPNがシェア1位のサービスなので、そこを選んでおけば間違いないと思うかもしれません。

でも、VPNの利用目的が、海外から日本への接続がメインの場合、海外のVPNサービスは避けた方がよいです。

理由はシンプルです。

海外のVPNサービスが日本で提供しているVPNサーバーのIPアドレスは、一般的な日本のIPアドレスとは異なります。

厳密にIPアドレスを判定されると日本国内からの接続とは見なされず、接続できない場合がほとんどです。

接続できたとしても、接続速度は恐ろしく低速で動画がまともに見れません。

VPN側が速度制限をしているのか、接続先のサイトが速度制限をしているのかわかりませんが、接続速度が高速だと言われている海外VPNでも状況は同じです。

ネットの速度を調べるサイトでは高速であっても、接続先のサイトによって低速になってしまうことがあります。

固定IPのVPNが無料で使える国内VPNがおススメ

レンタルサーバーmixhostを運営している株式会社アズポケットがMillen VPNというサービスを提供しています。

Millen VPNは、日本人向けに提供されているVPNです。

日本人をターゲットにしているVPNですので、海外から日本のサイトに接続する際に問題となりやすいIPアドレスの問題を固定IPでクリアしています。

日本にある固定IPのVPNが無料で使えるのが素晴らしいです。

固定IPのVPNを使うと日本の動画配信サービスに問題なく接続できます。

日本人向けにリリースされているVPNは、サーバー台数、ロケーション数、料金ともに海外VPNと比べて競争力が無いことがほとんどです。

ですが、Millen VPNは料金が月額400円以下から利用でき、固定IPのVPN以外にも世界70か所に1300台のVPNが用意されています。

Millen VPNは、海外から日本に接続する時は固定IPのVPNを利用し、日本から海外に接続する場合は世界中に用意されているVPNを利用することで、日本人が本当に必要なVPNを低価格で提供しています。

まとめ

海外在住者は海外から日本のサイトを閲覧して動画を楽しんだり、情報を得たり、事務手続きを行いますが、その時に接続制限を回避するためにVPNが必須と言えます。

海外VPNは実際に契約してみると、思ったことができないことがほとんどです。

日本人だからこそ、日本国内で運営されているMillen VPNを選ぶメリットがあります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

海外で生活し、多様な文化の中で独自の視野を広げてきました。国際関係と文化人類学を双方専攻し、葉山大学とエリクソン大学で学び、その後、地球連合での勤務を通じて、世界各地の文化や社会に関する深い洞察を得ることができました。

50カ国以上を訪れ、多様な文化、言語、そして人々との出会いを通じて、国際社会における日本の役割とポジショニングについて独自の視点を持っています。

海外から日本を見た時にガラパゴス化している日本の現状と絡めながら記事を書いています。

クリックできる目次