お問い合わせ

海外の無店舗デリバリーサービスが人気!大手スーパーを脅かすわけ

man riding bicycle near vehicles
  • URLをコピーしました!

この記事は約4分で読めます。
本文は約2120文字です

EU圏ではコロナでロックダウンしたタイミングでフードデリバリーが色んな意味で活況になりました。

  • 1つ目は、純粋にレストラン開いてないので、外食はデリバリーのみだったので注文が増えた
  • 2つ目は、コロナの影響で仕事を失った人達がアルバイトでデリバリーを始めた

今ではコロナが開けて、デリバリーも落ち着いてきましたが、ヨーロッパでは新しいデリバリーのサービスが出てきています。

この記事では、フードデリバリーに始まったデリバリーブームが遂にスーパーマーケットの領域にまで進出し始めた話をしたいと思います。

クリックできる目次

ヨーロッパでは一部のスーパーマーケットで独占されている

boy and girl standing beside dog drawing

ヨーロッパでは家の近くのストリートにあるスーパーマーケットで買い物をします。日本のコンビニのようにスーパーマーケットがチェーン展開していて、どのストリートにいっても同じスーパーマーケットしかありません。

選択肢はあっても2つぐらいで、どこに行っても同じものが置いてあり、そのお店で買えないものはネットで買う遠くまで車で買いに行かないと、基本手に入りません。

日本と違って、お店に行っても、同じメーカーの決まった商品しか置いてないので、買い物は楽しくないです。

海外のスーパーマーケットは全く競争しません。競争相手が入る余地がないのです。

日本から見ると異常な光景も何年も住んでいると慣れてきてしまい、麻痺してきます。

じゃぁ、新しいスーパーマーケットがストリートにできるかというと、スーパーマーケットは大きい貸店舗が無いと入れませんが、ヨーロッパではそれほど大きな貸店舗が空くことがまず珍しいです。

大企業のスーパーマーケットは、2つとか3つの貸店舗をぶち抜いて店舗にしますが、両隣を店舗を追い出して空きにさせて工事までするとなると、時間もお金もかかります。

そんなわけで、ヨーロッパの市街地ではスーパーマーケットは一部の大企業の寡占状態になっているのです。

友達の外人がモノポリーだと言っていました。

店舗が無いスーパーマーケットが登場した

ヨーロッパではお店をやりたくても場所が無いから新しいスーパーマーケットができにくいという話をしました。

巨大資本でそういうマーケットを独占していた大手のスーパーにコンペチタが現れます。

スーパーマーケットで販売しているような日用商品をデリバリーしてくれるサービスが参入してきたのです。

いつも同じ商品ばかり目にしていた消費者にとっては、いつもと違う商品の取り扱いがあり、デリバリーもしてくれるということで一気に人気が出ます。

コロナがあけてフードデリバリーの需要は下がってきましたが、スーパーマーケットの商品デリバリーはむしろ増えている状況です。

立地や物件難で守られてきたヨーロッパで寡占状態のマーケットを破壊するゲームチェンジャーだと言えます。

同じような日用品のデリバリーサービスが続々参入してきます。

UberEatsやDeliverrooなどフードデリバリーの時と同じ状況です。

これは消費者にとっても大きな変化でしたが、一番焦ったのは大手のスーパーだと思います。

さっそく、大手のスーパーマーケットも同じようなデリバリーサービスを始めますが、扱っている商品が店舗と同じですからそれほど話題にもなりません

日本にも新しい配送サービスが出てきている

デリバリーではないですが、日本でも今までになかったサービス『旬をすぐに』旬すぐが展開され始めています。旬のものをすぐに食べるとおいしいというのは海外でも同じです。

海外の食事はまずい?ヨーロッパで食べて美味しかったもの

『旬をすぐに』旬すぐは、日本でも旬のものを使い外食で食べれば高いような料理を冷凍食品にして自宅で手軽に楽しめるサービスですね。

まとめ:ネット通販とリアル店舗の中間をセグメントを狙ったサービス

green fern between gray rocks

ヨーロッパは、アメリカや日本のように破壊と創造を繰り返すような街並みではありません。

旧市街地では築200年という家が殆どです。

そういう固定された街並みで、変わることは無いのだ、仕方ないと思って諦めていた消費者にとっては、実店舗を持たないデリバリーサービスの参入で、店舗がある大手を脅かす時代が来るとは想像していませんでした。

ネット通販では買えないような生鮮食品、近所のスーパーマーケットでは取り扱いの無い商品を取り揃えて、無店舗でデリバリーする。日本では近所の酒屋が定期的に配達していたような仕組みに近いですが、近所のスーパーマーケットに不満のある消費者にとっては新しい選択肢となり、一気に利用者が増えたのだと思います。

もちろん、デリバリーですから手数料がかかりますが、ヨーロッパではそもそも送料は無料ではありませんから、その部分はあまり気にならないのだと思います。

とても賢い仕組みだと思いました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

海外で生活し、多様な文化の中で独自の視野を広げてきました。国際関係と文化人類学を双方専攻し、葉山大学とエリクソン大学で学び、その後、地球連合での勤務を通じて、世界各地の文化や社会に関する深い洞察を得ることができました。

50カ国以上を訪れ、多様な文化、言語、そして人々との出会いを通じて、国際社会における日本の役割とポジショニングについて独自の視点を持っています。

海外から日本を見た時にガラパゴス化している日本の現状と絡めながら記事を書いています。

クリックできる目次