お問い合わせ

服や帽子の洗濯しても落ちない臭い!酢を使うと簡単に消臭できた

当ページのリンクには広告が含まれています。

この記事は約4分で読めます。
本文は約2282文字です

私が住んでいるヨーロッパの気候は乾燥しています。汗もかかないので風呂やシャワーにも入らない日も多いです。

しかし、乾燥していても体臭というのは避けられません。同じ服を何日も来ていると体臭が服について、洗濯しても落ちなくなります。

ところが、海外では日本のように洗濯用洗剤の選択肢は多くないので、消臭タイプの洗剤というのは見かけません。

この記事では、海外で衣服や帽子についた嫌な体臭を消す方法をお伝えします。

目次

欧州では衣類の臭い消しは酢や重層で行うのがスタンダード

実は、海外では掃除用に酢が売られています。

酢は、水回りの石灰などの汚れを落とすために使われるもので、ヨーロッパでは一般的に使われています。

臭いの原因は酸性かアルカリ性か?

酸性の臭いを消すには?

臭いの原因は、アルカリ性の場合と酸性の場合の2通りあります。

酢は酸性であるため、アルカリ性の体臭を消す効果があります。

酢は1€しないぐらいの値段で売られていますので、気軽に使うことができます。

柔軟剤の代わりに酢を使って洗濯することもできます。

酢の臭いがきついので、服や洗濯機に臭いが付くのでは?と心配になるかもしれませんが、酢はもともと水で薄められているので、水で流すと簡単に臭いは消えます。

アルカリ性の臭いを消すには?

臭いの原因が酸性の場合は、酢を使っても消すことができませんので、その場合は、重曹を使うことになります。

重曹は溶けにくいため洗濯に使うのはあまり向いていない気がしますが、酢は液体であるため、気軽に使うことができます。

酢を使った消臭方法の効果とメリット

酢は、殺菌作用があり、臭いの原因となる細菌を減らすことができます。

また、安価で手軽に手に入るのも魅力の一つです。

さらに、酢を使った消臭方法は、衣類に優しく、繊維を傷めにくいため、愛用の衣類や帽子にも安心して使うことができます。

酢を使った臭いの消臭方法

準備するもの

yellow lemon fruit beside clear glass bottle

酢を使った消臭方法に必要なものは、白ワインビネガーもしくは米酢、水、洗濯機です。

白ワインビネガーは、一般的に使用される米酢よりも効果が高いため、特におすすめです。

ミツカン
¥387 (2023/03/08 03:43時点 | Amazon調べ)
ミツカン
¥702 (2023/03/08 03:44時点 | Amazon調べ)

手順

酢を使った消臭方法の手順は以下の通りです。

  1. 水と酢を混ぜる
    • 洗濯機に入れる水に、酢を適量加えます。
    • 洗濯機の容量に合わせて、約100mlから200mlを目安にしましょう。
  2. 消臭したい衣類を浸す
    • 衣類を洗濯機に入れる前に、酢水に数十分から数時間、衣類を浸します。
    • 時間が長いほど消臭効果が高くなります。
  3. 洗濯機で普通に洗う
    • 浸した後、普段通りに洗濯機で洗濯をします。
    • この時、洗剤は通常通り使用してください。

洗濯できない帽子の嫌な臭いを取るには?

grey RVCA fitted cap

NewEraなどの帽子は、洗濯機で洗えないものが多いです。

帽子は、直接皮膚に当たる部分が汚れますし、長くかぶっていると帽子のつばの固い部分から嫌な臭いがしてきます。

お湯に酢を追加して、お湯に帽子を浸けておきます。

酢を入れたお湯はかなりぬるぬるしています。

1時間~2時間ぐらい放置すると、お湯がかなり汚れます。

もういいかな?と思ったタイミングでキレイなお湯で帽子を流してすすぎをします。

すすぎが終わった帽子は陰干ししておけば完了です。

2つ帽子を酢で消臭してみましたが、結果から言えば生地がフェルトタイプの場合は臭いが落ちにくいです。

生地が厚い場合は、より長くつけておく必要があります。

帽子の内側やツバの裏など、自分の鼻に近い部分はキレイに臭いが消えました。

しかし、つばの表側がなぜか臭いが取れにくかったです。

肌着の落ちない臭いを酢で消す

white hotel-printed crew-neck shirt on black surface

肌着としてきているTシャツなども、お風呂やシャワーに入らず、毎日同じものを着ていると、洗濯しても臭いが取れなくなります。

雑菌が多くいるわけですので、半渇きの時にとても臭くなります。

熱湯で洗濯したり、酢で消臭することで洗濯直後から臭いという状態を無くすことができます。

ドラム式洗濯機の場合、お湯をためて、柔軟剤を入れるところに酢を入れます。

すすぎが始まってお湯がたまったら、ドラム式洗濯機を停止して、服を酢に漬けておきます。

あとは勝手にすすぎ、脱水してくれるので、酢の臭いがしない状態で洗濯が終わります。

まとめ

酢を使った消臭方法は、手軽に試せる消臭方法の一つです。消臭効果が高く、衣類にダメージを与えることなく臭いを取り除くことができます。酢の量や浸す時間など、注意すべきポイントがありますが、実践することで効果的な消臭効果を期待できます。

酢を使った消臭方法を試してみる際には、以下のポイントに注意してください。

  • 酢の量は、1リットルの水に対して100〜200mlが目安です。
  • 浸す時間は、1時間程度が効果的です。
  • 洗濯機で普通に洗う前に、まずは手洗いすることをおすすめします。
  • 酢の匂いが気になる場合は、軽くすすぐか、洗剤を加えることで解消できます。

臭いが気になる衣類には、是非酢を使った消臭方法を試してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ヨーロッパ在住5年目です。辛口の視点で生き残った本物だけを詳細にご紹介しています。

目次