お問い合わせ

日本未発売の発毛剤【6選】発毛効果は高いのか?

この記事は約4分で読めます。
本文は約2649文字です

日本では、発毛剤市場は非常に大きく、多くの人々が薄毛や抜け毛の問題に直面しています。しかし、一部の発毛剤は日本国内で販売されていないため、外国から輸入する必要があります。以下は、日本で非発売の発毛剤についてのまとめです。

目次

ミノキシジル系

ロゲイン(Minoxidil)

ロゲインは、アメリカで開発された発毛剤で、世界中で広く使用されています。

主成分はミノキシジルであり、頭皮に塗布することで血管を拡張し、毛根の成長を促進します。日本では販売されておらず、個人輸入する必要があります。

外用ミノキシジルは、髪を成長期 (活発な成長) 段階に長く保つことによって機能する成長促進剤です。外用ミノキシジルには、液体と泡の 2 つの異なる形態があります。液体は2つの中で最も安価ですが、かなりの数の人々の頭皮にとって厄介で刺激的であることが知られています。

最良の結果を得るには、ミノキシジルを 1 日 2 回塗布する必要があります。ミノキシジルの液体バージョンは、髪を少しべたべたにし、髪を少しまとまらせることが知られています。 その結果、実際よりも薄毛/脱毛しているように見えることがあります。朝はミノキシジルの速乾性に優れた泡バージョンを使用して髪の見栄えを良くし、夜寝る前に安価な液体バージョンを使用します。

副作用に関しては、一部の人々の頭皮を刺激することを除いて、大多数のユーザーによって報告されている一般的な副作用は実際にはありませんでした。

 フィナステリドとは異なり、外用ミノキシジルの 5% バージョンは医師の処方箋を得る必要はありません。簡単な薬を扱っているほぼすべての店でOTC(店頭)で購入できます。

フォリックス(Follux)

フォリックスは、インドで開発された発毛剤です。

主成分は『ミノキシジル』とビタミンB6、B9、B12などのビタミン類です。

ミノキシジルは血管を拡張して毛根の成長を促進し、ビタミンB群は健康な頭皮環境を維持するために必要です。フォリックスは日本では販売されておらず、海外から個人輸入する必要があります。

フィナステリド系

プロペシア(Finasteride)

プロペシアは、男性型脱毛症の治療に用いられるお薬で、主成分は『フィナステリド』です。

フィナステリドは、男性ホルモンの一種であるDHTの生成を抑制し、薄毛の進行を防止します。日本ではまだ承認されておらず、海外から個人輸入する必要があります。

テストステロンの副産物である DHT は、 毛包が目立った毛髪を生成できなくなるまで、特定の毛髪を小型化させます。

フィナステリドは、テストステロンが DHT に変換されるのを最大70%防止する、広く使用されている「5-α レダクターゼ」 (5ar) 阻害剤です。最良の場合、髪が元に戻る可能性があります。あなたがしなければならないのは、1日1錠を一貫して服用することだけです. フィナステリドの最も一般的な用量は1mgですが、0.25mg、0.5mg、1.25mgを服用する人もいます.

フィナステリドで結果を確認するには時間が必要です. 人によっては、4 か月から 2 年かかることもあります。それはすべて、あなたがその薬に対してどれだけ良い応答者であるかに依存するので、ただ辛抱してください.

フィンペシア(Finpecia)

フィンペシアは、男性型脱毛症の治療に用いられるお薬で、主成分はフィナステリドです。

フィンペシアは、プロペシアと同様に、男性ホルモンの一種であるDHTの生成を抑制し、薄毛の進行を防止します。日本では承認されておらず、海外から個人輸入する必要があります。

ニゾラルシャンプー(Ketoconazole)

ニゾラルシャンプーは、フケやかゆみ、脱毛症などの頭皮トラブルに効果的なシャンプーです。

主成分はケトコナゾールであり、脂漏性皮膚炎の治療にも使用されます。ニゾラルシャンプーは日本でも販売されていますが、発毛剤としての効果については研究が進んでいません。

DHTに変換されることが知られている頭皮のテストステロンの産生を減少させます。DHTを作成するために利用できるテストステロンのレベルが低くなるため、毛包は少し健康で、密度が高く、ふっくらしています。

Nizoral と呼ばれる 1% 製剤は、ほぼすべてのドラッグストアで購入できます。ただし、2% 版は皮膚科医による処方が必要です。

2% が 1% よりも効果的かどうかは明らかではありませんが、研究で 2% ケトコナゾール シャンプーが使用されたことは注目に値します。 ケトコナゾールシャンプーは理論的には素晴らしいように聞こえますが、まともな結果が得られる人もいれば、あまり効果がないと感じる人もいます。高価な製品ではないので、少なくとも試してみる価値があると思います。

プロキャピル(Procapil)

プロキャピルは、ヨーロッパで開発された発毛剤で、主成分はビオチン、ナイアシンアミド、オレイン酸、アプリコットカーネルオイル、ホップエキスなどです。これらの成分が毛髪の成長を促進し、薄毛を防止することができます。日本では販売されておらず、海外から個人輸入する必要があります。

まとめ

これらの発毛剤は、日本国内で販売されていないため、海外から個人輸入する必要があります。個人輸入する際には、海外の正規品を購入し、輸入に必要な手続きを遵守することが大切です。また、副作用やアレルギー反応などに注意し、使用前に医師に相談することをおすすめします。

なお、日本国内で販売されている発毛剤には、プロペシアやミノキシジルをはじめとする薬剤が含まれるものがあります。これらの薬剤は、正規の医師から処方を受けた場合に使用することができます。発毛剤の使用については、医師に相談することが大切です。

参考:https://www.reddit.com/r/tressless/comments/wlze2v/2022_official_beginner_guide_for_im_losing_my/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ヨーロッパ在住5年目です。辛口の視点で生き残った本物だけを詳細にご紹介しています。

目次